離婚や相続の問題は弁護士に依頼しよう│法トラブル解決隊

専門家に依頼する

専門サービスを利用する際にかかる料金について

相続放棄の手続きはそれほど難しいものではありませんが、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に所定の書類を提出する必要があります。裁判所に申述書を提出すること自体にハードルの高さを感じる人が少なくありませんし、亡くなった人が住んでいた場所から遠く離れた場所で暮らしている場合には、手続きを取るべき家庭裁判所の住所を調べるだけでも一苦労してしまうのが普通です。でも、専門家を利用すれば、全ての手続きを自分の代わりにやってもらうことができるので、とても便利です。気になってくるのがその料金ですが、弁護士の場合で20〜30万円、司法書士で10〜15万円前後が相場料金になっています。

弁護士や司法書士の専門サービスについて

最近、相続放棄サービスを取り扱っていることを売りにする行政書士事務所が登場してくるようになりました。しかし、行政書士は裁判所に提出する書類の作成を代行する権限が認められていません。つまり、行政書士のサービスを利用しても、一般的なアドバイスを受けられるだけで、手続き自体は自分で行わなくてはならないことになります。その程度のサービスしか受けられないのであれば、最初から自分で手続きを取るようにした方が、余計な費用がかからない分だけお得だと考える人が多いです。でも、弁護士や司法書士を利用した場合であれば、相続放棄の手続きを全部丸ごと任せてしまうことができます。また、相続放棄手続きは、被相続人の死後3ヶ月以内に行う必要があるのですが、弁護士や司法書士に頼めば、期限内に確実に手続きを終わらせてもらうことができます。